​なぜ香りで簡単に気分を変えられるのか

​精油はさまざまな種類の香りの分子で成り立っています。

香りの分子はとても小さく、鼻の中に入ってくると「香りの情報」として脳まで電気信号で伝えられます

ホムペラベンダー_edited.jpg

嗅覚は他の感覚器と違い、ダイレクトに大脳辺縁系に伝わります。

大脳辺縁系とは本能の中枢であり、記憶や感情などに影響を与える部位です。

​「香りの情報」が伝わる先には、気分に影響を及ぼす視床下部(自律神経系、内分泌系を司る)という部位もあり、私たちの無意識のところで瞬間的に気分の変化を起こすことができるといわれています。

IMG_1730 (2)_edited.jpg